So-net無料ブログ作成
検索選択

2月から6月までの異常気象調べました [異常気象]

続いて2月は“スロベニア”、(ヨーロッパ)で国全体が氷で覆われ、森林の40%が損傷し25%が停電、多くの人が避難したそうです。


3月は、22日に、アメリカで洪水と巨大地滑りがワシントン北部で大規模な土砂崩れが発生し24までに8人が死亡、108人が行方不明となった。
地滑りは約2.6平方キロに及んで道路や河川が寸断されたそうです。


4月は、お隣中国オレンジ色の砂嵐が発生し10年ぶりの猛烈な砂嵐のため、学校が休校になった、視界は50メートル未満となって、気象当局は大気汚染を警告する「オレンジ警報」を発令したそうです。
10年ぶりということは、結構な割合で起こっているのではと、僕は思いますが、異常気象ではないと思うのですが・・・どうなんでしょう?


5月も、お隣中国で豪雨による大洪水が発生し車が2000台以上水没したそうです、気象当局は2008年以来最大規模の暴風雨で警報を発令した。
ということは、2008年にも、発生したということになりますね、何年か周期で来ているのでは?


6月は、ロシアで117年ぶりの猛暑がきたそうで36.1度を記録して中心部の噴水に市民が涼を求めておとずれたらしいです。
ロシアでましてや6月に36.1度は異常気象だとおもいますね、基本ロシアは寒そうなイメージがあるのでロシアの人はビックリされたでしょうね。


次は日本の話題です6月の24日に東京でひょうが降りましたね、直径3センチ程度の大きさで、多いところでは、30センチ以上積もって道路一面が真っ白になっていました。
ニュースの映像で覚えているのですが、みなさん雪かきをしているより大変そうな感じでした。

まだまだ、異常気象といわれている現象はあると思いますが、こうやって見ると2014年は世界的に見ても寒い年だったのかなと思いました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
FX,入金方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。