So-net無料ブログ作成
検索選択
異常気象 ブログトップ

2月から6月までの異常気象調べました [異常気象]

続いて2月は“スロベニア”、(ヨーロッパ)で国全体が氷で覆われ、森林の40%が損傷し25%が停電、多くの人が避難したそうです。


3月は、22日に、アメリカで洪水と巨大地滑りがワシントン北部で大規模な土砂崩れが発生し24までに8人が死亡、108人が行方不明となった。
地滑りは約2.6平方キロに及んで道路や河川が寸断されたそうです。


4月は、お隣中国オレンジ色の砂嵐が発生し10年ぶりの猛烈な砂嵐のため、学校が休校になった、視界は50メートル未満となって、気象当局は大気汚染を警告する「オレンジ警報」を発令したそうです。
10年ぶりということは、結構な割合で起こっているのではと、僕は思いますが、異常気象ではないと思うのですが・・・どうなんでしょう?


5月も、お隣中国で豪雨による大洪水が発生し車が2000台以上水没したそうです、気象当局は2008年以来最大規模の暴風雨で警報を発令した。
ということは、2008年にも、発生したということになりますね、何年か周期で来ているのでは?


6月は、ロシアで117年ぶりの猛暑がきたそうで36.1度を記録して中心部の噴水に市民が涼を求めておとずれたらしいです。
ロシアでましてや6月に36.1度は異常気象だとおもいますね、基本ロシアは寒そうなイメージがあるのでロシアの人はビックリされたでしょうね。


次は日本の話題です6月の24日に東京でひょうが降りましたね、直径3センチ程度の大きさで、多いところでは、30センチ以上積もって道路一面が真っ白になっていました。
ニュースの映像で覚えているのですが、みなさん雪かきをしているより大変そうな感じでした。

まだまだ、異常気象といわれている現象はあると思いますが、こうやって見ると2014年は世界的に見ても寒い年だったのかなと思いました。

2014年 大寒波 [異常気象]

chiberiaicesubway.png

続いて1月6日、北極から来る冷気「極循環」現象がアメリカ南西部中心に極寒の大寒波が襲いました。
極循環わからないのでwikipediaで調べました。

「極循環」とは、緯度60度付近で上昇した空気が対流圏上層を極付近まで移動して、極付近で地表付近に下降し、緯度60度付近まで戻る大気循環のこと・・・・・?

 たぶん、ヨーロッパ付近で暖められた空気が上に上がり、北極まで流れて空気が冷やされてまた、ヨーロッパ付近まで戻ること? 難しくてわからないですが、わかる人にはわかるんですよね、
             
                      こういう時に頭が悪いと困りますなww

シカゴデトロイト、ミネアポリスなどのを南極より寒くなったそうです
シカゴの1日の最高気温はマイナス24度だったらしいです、ということは、最低気温は何度だったのでしょうか?
 僕はマイナス20度までしか体験したことないですが車の窓ガラスがどんどん凍っていった記憶があります、暖房は効きが悪くなるし、でも、路面は滑りにくくなった記憶があります。

異常気象 [異常気象]

雪のニュースつながりといっては変ですが、異常気象ではないかと思い、
今年起きた異常気象を調べてみました。

日本含め世界各地で2014年に起こった異常気象は毎月あるみたいです。
あるサイトでは“地球滅亡”へのカウントダウンとも言われています。

今年1月、 北欧ノルウェーでの大寒波です。 水温が急速に下がりお魚が群れごと凍ってしまったという出来事。
Hazardlab_4555_1.jpg

気温は氷点下7~8℃ぐらいでしたが強烈な寒風により海面が「瞬間凍結」したらしいです。
これにより、北欧では電気料金が2倍に高騰したらしいです。
なぜ、電気料金がが2倍に高騰したかというと、北欧は、“電力自由化”(誰でも発電し売ることができる)で電力市場の価格が変動する「変動料金制度」を採用しているため、電気の消費量が増え、積雪で電線の切断などで高騰したらしいです。簡単にいえば電気を、売るチャンスだったってことかな? ガスや水道はどうだったんだろうか・・・
調べきれなかったです。

異常気象 ブログトップ
FX,入金方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。